Now Loading...

Now Loading...

中学高校生対象。学校×塾 生徒の学校生活も支える国分寺の数学専門塾

国分寺数学アカデミーとは
feature

  • HOME
  • / 国分寺数学アカデミーとは

二つの学習スタイルで確実な理解につなげます。

国分寺数学アカデミー

新テストのための新しい学習

今までの「暗記→再生」では点数を取るのが難しくなります。 新指導要領で示されている通り、「思考力」「判断力」「表現力」 すなわち、質の高い理解が必要とされます。数学においては、 問題文がより長文になり、また記述式も導入されます。
そのため問題文の真意を読み解き、解答も今まで以上の表現力、 発信力が求められます。
※2020年度からセンター試験に代わり「大学入学共通テスト」がスタートします。

だから、当塾では2つの学習スタイルで
新テストにも対応した「表現力」と「得点力」を身につけます。

国分寺数学アカデミー
発信力を養うための

発信型少人数

6人以下の少人数で行います。 ですが決められたカリキュラムはなく、今自分にとって必要な内容を自律的に学習します。それは人によっては学校の宿題や予習復習、または入試問題の過去問だったりします。先生は生徒さん1人1人の、一つ一つの質問にお答えします。また体系的につながる内容は学年を超えて講義することもあります。
授業のなかで、積極的にホワイトボードに回答(図、途中式、考え方等)を書いてもらい「伝える=発信」することでテストでも要求される表現力を身につけます。できたつもりで留まることなく、「発信」することで確実に得点力にします。

国分寺数学アカデミー
”わからない”がなくなる

個別授業

一つ一つの問題を丁寧に読み解きます。生徒の”わからない”をしっかり捉え、一歩ずつ”わかる”これも”わかる”だからこれも”わかる”と、 確かな理解を積み上げ解決に導きます。先生との対話の中で理解がより明確になり表現力も身につきます。

塾に通う生徒のタイムスケジュール例
time schedule

Aさんの場合
aさんスケジュールaさんスケジュール
火曜日にS(少人数)で一週間の学校の予習。金曜日にK(個別)で分からなかった所を先生にしっかり質問
→予習、復習を確実にすることで苦手を潰します。
Bさんの場合
bさんスケジュールbさんスケジュール
火曜日は数学(国分寺数学アカデミー)の日。他の曜日は他の習い事や部活で忙しいので一日でS(少人数)とK(個別)を1コマずつ取ります。
→120分でしっかり時間をとって実力をあげます。
Cさんの場合
cさんスケジュールcさんスケジュール
目標とする大学(高校)の合格に向け数学を徹底的に伸ばします。週二回でも三回でもOK!
Dさんの場合
dさんスケジュールdさんスケジュール
一日二コマで週2で塾に通い、机に向かう習慣を作ります。
授業前後に自習の時間をしっかり取れば、週2でもかなりの勉強時間を確保できます。

生徒に合わせたタイムスケジュールを組むことが可能

上記のように、生徒に合わせたタイムスケジュールを組むことが国分寺数学アカデミーでは可能です。
是非一度、ご相談ください。また詳しい授業日、日程などもお気軽にお問い合わせください。